All posts filed under “EXHIBITION

shinrei:matsudo

原田裕規「心霊写真/マツド」

会場:山下ビル
会期:2018年7月1日(日)-8月5日(日)
時間:13:00-19:00
開廊:金・土・日曜日

※2018年7月1日(日)17時30分より、ささやかなオープニングパーティーを行います

トークイベント:
副田一穂(愛知県美術館学芸員)☓ 原田裕規(美術家)
2018年7月15日(日)17:30-19:00
先着30名・予約不要、料金500円

 

美術家・原田裕規による「心霊写真/マツド」展を開催いたします。
原田は、2018年4月に東京・Kanzan Galleryで「心霊写真/ニュージャージー」展を開催し、大きな話題を集めました。本展はその続編に位置付けられるもので、原田が居住していた「マツド(千葉県松戸市)」をテーマにした新作や、4月の展覧会で議論を呼んだ「写真の山」を再インストールして展示いたします。

原田が心霊写真のプロジェクトに着手したのは2012年のことでした。当時在学していた武蔵野美術大学の友人・榮龍太朗との共同企画による「心霊写真」展(22:00画廊)に始まり、2017年にソロで企画した「作者不詳 #1」展(CAGE GALLERY)、2018年の個展「心霊写真/ニュージャージー」(Kanzan Gallery)など、およそ6年間にわたりこのプロジェクトを継続しています。

2017年以降は、産廃業者や古物商らとともに写真捜索の活動を始めました。2018年4月時点で1万枚弱を数えた写真の山は、現在進行系でその規模を拡大させ続けています。
これらの写真は、そのほとんどがいつ・誰によって撮られたか分からないものです。それゆえに、展示空間はまるで数千人もの不詳のカメラマンたちのグループ・ショーのように、物理的なキャパシティを超えた膨大な他者たち(=心霊)が召喚されているかのような錯覚を覚えることになるかもしれません。

それに対して「/」で区切られた「マツド編」では、原田が2013年4月から2018年6月(展覧会が始まるちょうど前日)まで暮らした千葉県松戸市で撮影した写真を「みずから発見した写真 found-photo」と思い込み、自らが撮影した写真に向けられる愛着を疑い、架空の撮影者の気持ちを想像して書いた手紙を添えることによって、新しい「心霊写真」をつくり出すことが目指されます。そして、展覧会タイトルにもなっている「マツド」をテーマにした新作は、マルチプル(ed. 10)として会場で展示・販売される予定です。

原田の手掛けるプロジェクトには、作品展示のみならず、議論喚起も重要な要素に含まれています。それを証明するかのように、過去にも心霊写真のプロジェクトからは多くの批評や議論が派生してきました。そして本展では、会期中に愛知県美術館学芸員の副田一穂氏をお迎えして原田と対談を行い、「写真」の問題系に留まらないより広範な射程に向けて議論を拡張していくことが目指されています。

本展は、東京都外では初となる「心霊写真プロジェクト」の公開となります。
問題提起する美術家・原田裕規による注目のプロジェクトの最新版を、この機会にぜひお見逃しなく、みなさまご高覧ください。

 


 

略歴

原田裕規 はらだ・ゆうき
1989年、山口県生まれ。美術家。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。
社会の中で取るに足らないとされている「にもかかわらず」広く認知されているモチーフを取り上げ、議論喚起型の問題を提起する作品で知られる。作品の形態は絵画、写真、インスタレーションなどに加えて、キュレーション、テキストライティング、書籍製作など幅広い。代表的なプロジェクトに「ラッセン」や「心霊写真」を扱ったものがある。主な著作に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、2013 年)など。

副田一穂 そえだ・かずほ
1982年、福岡県生まれ。 愛知県美術館学芸員。

oguri-dm

小栗 沙弥子「RECENT WORKS」

会期:2018年6月8日(金)-6月24日(金)うち金・土・日開廊

時間:13:00—19:00

休廊:月—木曜日

入場料:無料

okazu
小栗   沙弥子
Sayako Oguri
2002  愛知県立芸術大学美術学部日本画科卒業
2004  愛知県立芸術大学美術学部油画科研究生修了
2013-2014 ポーラ美術振興財団在外研修員としてタイに滞在

 

スクリーンショット 2018-05-11 10.09.52

石場文子「たかが日日」

会期:2018年5月12日(土)-6月1日(金)うち金・土・日開廊

時間:13:00—19:00

休廊:月—木曜日

入場料:無料

現在愛知県にて写真を使用して制作をしている石場文子の個展を開催いたします。

石場文子
Ishida Ayako
1991年 兵庫県生まれ。2016年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画・版画領域 修了

スクリーンショット 2018-01-14 13.26.56

「不純物と免疫」関連トークイベント2/18

不純物と免疫dmOL

インディペンデントキュレーターの長谷川新さんをお迎えして、東京のトーキョーアーツアンドスペース本郷と沖縄のBARRAK1にて行われた展覧会「不純物と免疫」についてのトークを行います。

#IMMUNITY 名古屋
長谷川新 / 若山満大
展覧会はたんなる結果の集積ではなく、思考、実践、共有の空間と時間として存在します。展覧会「不純物と免疫」の構想やキュレーター自身の過去のしごとについて話しながら、展覧会とは? 現代社会における美術とは? といった問いを考えていければと思っています。
日時 2月18日[日]17:00-19:00
会場 山下ビル
参加費 1,000円
定員 30名
  • 長谷川新
  • HASEGAWA Arata
  • インディペンデントキュレーター

1988年生まれ。インディペンデント・キュレーター。京都大学総合人間学部卒業。専攻は文化人類学。2013-2014年に大阪、東京、金沢を巡回した展覧会「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI -交錯する現在-」チーフキュレーター。主な企画に「無人島にて——「80年代」の彫刻 / 立体 / インスタレーション」(2014年)、「パレ・ド・キョート / 現実のたてる音」(2015年)、「クロニクル、クロニクル!」(2016–2017年)など。松戸市のアーティストインレジデンス「PARADISE AIR」2017年度ゲストキュレーター。美術手帖年間月評連載中。

  • 若山満大

  • WAKAYAMA Mitsuhiro

  • インディペンデント・キュレーター、編集者

1990年岐阜県養老町生まれ。インディペンデント・キュレーター。編集者。2015年神戸大学大学院人間発達環境学研究科修了。専攻は日本近現代美術史・写真史。愛知県美術館学芸員、あいちトリエンナーレ2016コーディネーターを経て現在に至る。名古屋発の芸術批評誌『REAR』(リア制作室)などの編集を手がける。

sano

佐野健児 個展「僕にはわからない。」

会期:2018年1月6日(土)-1月28日(日)うち土日のみ開廊

時間:11:00—19:00

休廊:月—金曜日

入場料:無料

1989年岐阜県出身、2011年度武蔵野美術大学を卒業後、現在愛知県にて絵画を制作している佐野健児の個展を開催いたします。

会場: YAMASHITABLDG. 山下ビルinstitute of art/gallery

〒464-0086名古屋市千種区萱場2-13-22山下ビル1F tel 090-9260-5352

犬

安藤昇 森慎吾 岸晃次 展

会期:2017年12月6日(水)-12月17日(日)
うち金・土・日曜日のみ開催(8、9、10、15、16、17日)
時間:金17-20時/土・日13-18時

主催:愛知アートコレクティブ 協力:藤花荘 あいちアールブリュット

愛知県岡崎市、藤花荘の作家である安藤昇、森慎吾、岸晃次による三人展を開催いたします。inu

cof

Juri Chaotic horse

SPOIC GALLERY~ボーダレスアートのその先にVol.1~

会期:2017年9月16日(土)~24日(日)
平日13:00~19:00 土日祝11:00~18:00
入場料:無料

出品アーティスト:川上建次 早川拓馬 森啓輔 Juri 横田貴宏 中川.K 中山善貴
樋上颯太 村瀬ひろのぶ 世古口孝太 福田優飛 前野一慶 のりみち 安藤昇 森慎吾
クリエイティヴサポート・レッツの紹介

シンポジウム『福祉レジームとアール・ブリュットの発生』
2017年9月22日(金) 18:30~講師:鈴木敏春 NPO愛知アート・コレクティブ
参加費:3000円(軽食・ワンドリンク込み)
※終了後はお食事をお楽しみいただきながら、ボーダレスアート推進に取り組む皆様で親睦を深めていただきたく思います。シンポジウムへ参加希望の方は、9月15日(金)までに、お名前、参加総人数、連絡先を御記入いただき下記までお申し込みください。
申込み先メールアドレス:koji.y@outlook.com

会場(展示・シンポジウム共):山下ビル1F
名古屋市千種区萱場2丁目13-22
TEL:052-755-0573
アクセス:名古屋から名古屋市営バス・基幹2(名古屋駅・猪高車庫)・猪高車庫行「萱場」下車徒歩1分
地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」駅下車、徒歩15分

※SPOIC GALLERY・・・山の下にあり(名称「山下ビル」のギャラリー)これから文化的、知的な山に登ろうとしている人たちのための出発点として、何かを行いたいということから、StartingPoint Of Intellectual Climbing Gallery、つまり「SPOIC GALLERY」(スポイックギャラリー)と名付けられた。

主催:SPOIC GALLERY
共催:あいちアート・コレクティブ
協力:NPO法人希望の園 Atelier HUMAN・ELEMENT

Juri Chaotic horse

アーティスト:Juri タイトル:Chaotic horse

荻野 佐和子
Sawako Oghino
北村 和也
Kazuya Kitamura
山下 高子
Takako Yamashita

Light on paper ~身内文化センター~

Light on paper ~身内文化センター~

企画第1回身内文化センター

荻野 佐和子 Sawako Oghino

北村 和也 Kazuya Kitamura

山下 高子 Takako Yamashita

会期 2017年4月13日(木)~4月23日(日)

時間 ※木、金、土、日のみ 13:00~20:00

場所 山下ビル

〒464-0086 名古屋市千種区萱場二丁目13-22山下ビル1F

連絡先 TEL052-755-0573

MAIL miuchibunkacenter@aol.jp

 

IMG_5030

DSC_1570

レクチャー/勉強会 ボリス・グロイス 入門編

《レクチャー/勉強会》

『ボリス・グロイス入門編』

講師 : 星野 太(美学、表象文化論)

日時 : 2017年2月5日(日)14:00~16:30

会場 : 山下ビル 1F東  名古屋市千種区萱場2-13-22

定員 : 30名

受講料 : 1,000円

主催 : 山下ビル

TEL:052-755-0573

mail:koji.y@outlook.com

DSC_1570 DSC_1575